尿検査ウーマン、まるこんぶ

 13, 2015 00:00
12月の末に膀胱炎になったバニラさん→頻尿&頻尿

その後再検査でストラバイト結晶検出→結晶&結晶


このままどんどん悪くなるかと危ぶまれましたが、日々お水をたくさんのんで頑張ったところ、12月末の再々検査ではストラバイトの結晶は検出されず、Phも正常となりました!
IMG_7407.jpg
沈渣(ちんさ)-となってますねぇ、Phも6.0で正常です♪



毎日つゆだくのごはん、そして日中も積極的にお水を飲むようにした努力の結果!?

そしてほかならぬ、バニラ専属の尿検査官、まるこんぶの努力の結果でもあるのよ!(←自分で言う)
検査官は暇人主婦なので、1日中バニラの観察ができます。

いや、暇人主婦だからこそ仔細にバニラを観察できるのだ!

というわけで、先月末からずーーっとバニラのオシッコ回数、飲んだお水の量、Phを観察し続けました。





まずはPh。
IMG_7390.jpg
これはある日のPhの推移。

酸性やらアルカリ性やら出てるけど大丈夫!?って思うかもしれませんが、ワンコの尿は1日の中でも酸性~アルカリ性の間をウロウロするのが普通なんだそうです。

そうなることで、出来てしまったストラバイトの結晶やらを消してくれるんですね~。

で、何回かやってみてわかったことは、食事後の尿はアルカリ性に傾きやすいこと。

でも朝一の尿では中性~弱酸性に戻っているということ。


だから、病院で尿検査をしてもらう時は、朝一の尿を取ってもっていくといいそうです。

というか、朝一の尿が一番正しい値が出るんだそう。







お次は毎日の飲水量と排尿の時間の記録。
体調管理
怖い?怖いでしょ?私。知ってる!




しかしこの観察でわかったことが。

膀胱炎が治ってるのに、排尿回数があまり減ってないのです・・・。



それとともに、お正月明けにOPPと一緒に診てもらった尿検査(膀胱炎が再発していないかどうか)。
IMG_7408_20150110205142746.jpg
膀胱炎・ストラバイト再発無し、Phも正常。

だ・け・ど。


ビリルビン(BIL)が2+と正常値からはみ出てしまいました・・・


来週末に再検査をするのでまだ詳しい説明は避けますが、肝臓系統の状態が悪いと高い数値が出るそうです。


膀胱炎が治ったのに頻尿が治らないのも併せて考えると、来週の再検査にもよりますが血液検査で詳しく肝臓系や腎臓系の数値を見てみた方がいいかもしれない、ということになりました。


ビリルビンは、ワンコは肝臓で処理する能力が低いため、多少(1+くらい)は尿中に出ても異常ではないそうですが(猫は異常だそうです)、2+となると少し心配な値。

膀胱炎、ストラバイトとと続いてこれか~とも思いましたが、逆に考えれば、膀胱炎にならなければビリルビンの値もチェックすることはなかったので、早くに検査できることを幸いに思うこととしましたよ。



来週の尿検査でビリルビンの値が下がることを願うのみ
IMG_7393.jpg
あまり尿検査したことのない子たち~、健康チェックのつもりで時々してもらったほうがいいですよ~。

バニラみたいに、降って湧くような疑いが見つかるかもしれないからね~!








パワーアップキノコ食べれば治るかなぁ・・・
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
というわけで、私は一つの事を考え始めるともうそれしか考えられなくなります。
来週の検査まで、ビリルビンやらウロビリノーゲンやら、肝臓、胆汁のこと調べまくりますので少し籠りま~す。