バニラさん、アレルギーを疑われる

 21, 2014 10:53
以前記事にしました、「紫色のアザ、あらわる」の続き・・・というか、流れでのお話です!

字多めで読みにくいかもしれませんが、アレルギー検査やバニラさんに興味がある方(笑)は良ければ読んでってくださいね~。




紫色のアザが出来た時に、耳以外を診察していた先生が

「肉球の間が赤いですね~・・・」
IMG_4727.jpg
↑ちょっとわかりにくですが・・・肉球の間の毛がピンクに染まって見える程度に赤いです


と言ったところから、バニラのアレルギー疑惑が始まりました。

外耳炎でもないのにここまで痒がるのもおかしいね、と言って体中を視診してくれていた最中のことです。


そして先生は

「手を舐めたりお尻の穴を気にしている等の様子はありませんか?」

と、ポカーンとしてるまるこんぶ(←肉球の間が赤いことに気づかなかったショック)に質問。





ん~、他の病院でもたまに「手を舐めたりしてませんか?」って聞かれたりすることはあったんですが・・・、

バニラは手は舐めることはないけれど、太もも付近の毛をすごくかじるんです。

関係ないかもしれないけど、初めてそれを言ってみました。
(別の病院では言ったことありますが、ストレスかもって言われたことはあります)




そしたら先生は、手を舐める以外のアレルギーの症状例として

●太もも付近をかじるOR気にする

●お尻の穴を気にする

●皮膚が薄いところ(耳・目の周り、口まわり、お腹など)が赤くなったり、気にして舐める

というのもありますよ、と言われました。
IMG_4443.jpg

アレルギーの子=手を舐める、っていうのがメインだと思っていた私は、太ももあたりかじるのもそうだったの!?とびっくり。



さらに食物アレルギーの場合、嘔吐&下痢が多い、便の回数が多い、というのもあるそうです。

バニラは耳が痒い、太ももをかじる、肉球が赤い、嘔吐・便の回数が多い、という点が当てはまっています。




これはすぐ検査をしてもらいたい!(←せっかち)と思い、先生にアレルギー検査のことについて簡単に教えてもらいました。

病院によって検査方法や流れ、方針はまちまちだと思うので、あくまでバニラが通っている病院の事だと思ってご覧くださいね。




ここの病院は、アレルギーの疑いがあった場合、「除去食試験」を行うそうです。

「除去食試験」っていうのは簡単に言うと、アレルギーの原因が食べ物にあるのか、それ以外(環境やアトピー等)にあるのかを判断する検査です。
無題
食物アレルギーの原因となりにくい加水分解したタンパク源を使用したフード。たとえばこれとか↑



食物アレルギーは主にタンパク質に反応しておこりますが、この除去食はタンパク質を特殊処理してアレルゲンとならなくしたもので、これを1か月~2か月食べ続けて症状を観察します。




ちなみにこの間食べ物はこの除去食のみ!オヤツも一切禁止!
IMG_3049.jpg
ひえ~ボーロ大好きバニラには厳しい~




この除去食を食べて症状が緩和されれば食物がアレルゲン、変化がなければそれ以外がアレルゲンの可能性大、ということらしい。


で、具体的なアレルゲンを特定するためにこの後血液検査を受けることも出来るそうですが、バニラのかかりつけの先生は、食物アレルギーだった場合血液検査をせずにこのまま除去食を食べ続けていくのもひとつの方法だ、という風なことを言っていました。



しかし私はせっかち大王なのだよ・・・除去食で1か月程観察なんて出来ない・・・。

最初っから血液検査をしちゃった方が早くない!?って思ったことは内緒です・・・。

それに、除去食を食べ続けるのもちょっと私の中では無いかな~と。



そもそもこの先生は、費用がかからない方向に持って行ってくれるタイプ(アレルギー検査20,000円以上ですもんね)なので、金額的にも負担の少ない除去食を最初にするのかもしれないですけどね。




で、このアレルギー検査の話を聞いた数週間後に、低コレステロールの血液検査を予定していたので、その時にどうするか結論を出すことにしました。
IMG_4502.jpg

まるこんぶとしては、この血液検査の時に流れでサクッとアレルギー検査の分も血液を採ってもらって、除去食試験を飛び越してしまえと素人考えで思ってたんですけど、結局どうなったかというと



長くなったのでつづく!






↓ずーっとこの笑顔を見るために、諭吉はいくらでもつぎこむわ!
皆さんもクリックで応援よろしくね~
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
すじこんぶ がんばれ(BYバニラ)