大反省の誕生日事件

 02, 2014 00:50
前記事で、ちょこっと「誕生日にやらかした」と次回予告したところ、だいぶ周囲をざわつかせております、まるこんぶです。( ;∀;)

バ:はっぴーばーすでー ぱーていなのだ。


あぁ・・・この時はこんなに楽しげな様子だったのに




2歳のお誕生日、今年はケーキを手作りしたんです。
IMG_3368.jpg
サツマイモのモンブラン。

土台に茹でたサツマイモ(直径5㎝・厚さ1㎝)、そこに煮たリンゴの薄切りを盛って、茹でて裏ごししたサツマイモ(カッテージチーズと茹で汁でのばしたもの)を細口の絞り袋でぐるぐるーっとしたもの。

上にふりかけているのは粉砂糖ではなくスキムミルクです。






これまるごと1つだと多いので、半分だけお皿に出してあげました。
IMG_3382_20140501225316e49.jpg
バ:なにこれちんひゃっけい!いいにおい!




りんごもサツマイモもバニラさんの大好物。
IMG_3386.jpg
バ:ペロ!

IMG_3388_20140501225319e7a.jpg
バ:ん、んまーーーいい!!もぐもぐ!







そりゃバニラさん、夢中になります。
IMG_3401_2014050122533246a.jpg
バ:ぱくっ!





アッ!!

土台のサツマイモを丸呑みした!!(直径2.5㎝、厚さ1㎝)





それから30秒後・・・。

バニラさんが苦悶の表情で嘔吐し始めました・・・。

そう・・・サツマイモを詰まらせたのです・・・。





しかし詰まっててなかなか出てこないらしく、体を波打つようにして一生懸命「オエー!オエー!」と部屋中を右往左往しながら粘度の高い胃液(透明・水糊みたいな感じ)を吐きまくります。


そうするうちに吐き方が変わって来て、四肢を床につけるような、まるでフセをするような態勢に・・・。

元々よく吐く子なのですが、こんな態勢での吐き方を見たことがありません

そのフセたような状態で部屋中をのたうち回り、まさに七転八倒という状態。

その間もずっと胃液やらなにやらを吐き散らかします・・・。




こ、ここここれはヤバイやつだ、命に係わるやつだ!!!!


びょ、病院に急いで連れて行かないとダメた!!




すじこんぶが大急ぎで夜間診療の動物病院へ電話をかけました(この時22時くらい)。

ちなみにすじこんぶが電話をしている間、まるこんぶはのたうち回るバニラの胸をさすってついて歩きました。(これが正しいかはわかりません)




電話にでた獣医さんに状況を説明し、今現在出来ることや、これから連れて行こうという流れの話をしていたまさにその時。



突然、バニラさんのだらんと垂れ下がっていたシッポが

ピーーン!


とあがったのです!!




嘔吐物を見ると・・・なんとサツマイモの塊が!!

詰まっていた原因を、バニラさんの生命力で吐き出したのです!!




ここまで10分くらいの時間経過だったでしょうか・・・いや、もっと長かったような・・・。

バニラさん、とたんにシッポをフリフリ。。。

いつもの愛らしい顔でまるこんぶにスリスリと甘えてきます。

まるで「ゴミンゴミン、心配かけて」とでも言ってるかのようでした。





病院の先生に現状を話したら、「様子を見てみて、もし心配だったら連れてきてください」と言われて電話を終了。

一応もう詰まってないか確認するため、ぬるま湯にスキムミルクを少しだけ溶かして飲ませてみました。

その時胃を触ってみると波打つように動いていたため、流れていってはいる模様。



その後の様子も元気いっぱいで、残った半分のケーキを頂戴とねだったり、誕生日プレゼントではしゃいで遊んだり
IMG_3417_20140501225333621.jpg
さっきまでの悶絶がウソのようでした・・・。



そのはしゃぐ様子を動画で。

ボールはスイッチを入れるとランダムで動き回るやつです。

すじこんぶのむにゃむにゃした話し声が入ってしまったため、優雅なバニラさんにぴったりのBGMをつけました。

※注意!音が出ます!



とても少し前まで悶絶していたとは思えない・・・。








この日、突然様態が変わったら・・・と思うと眠ることが出来ず、何度も起きてバニラさんが息をしているか、心臓が動いているか、苦しんでいないかを確認してしまいました






ほんっとーに反省です・・・。

丸呑みする子ってわかってたのに、最近そういうことが無かったのですっかり油断してしまっていました・・・。

本来なら細かく砕いてあげるべきところを、そのままあげてしまうなんて



バニラがまだ若くて健康だったから吐き戻す力もあったし、チアノーゼが出ることもなく、その後もすぐ元気になれたけど、これが高齢だったら・・・と思うと恐ろしくてしょうがありません。



もう一つの反省点。

はっきりいってどうしたらいいかわからず、オロオロしてしまったまるこんぶ

こういう時、どのように対処していいか全く知らなくって、あぁ~勉強しておけばよかった、と思いました。

今になってネットで検索すると、「逆さにして振る」とか、「口を開けてみて、ソレが見える場合は手を突っ込んで押し込む」(食べていいものの場合)、とか出てきますが、まずはかかりつけの先生に正しい対処法を聞いておきたいと思いました。(後日病院に行ったのに聞き忘れた~)






2歳になったばかりで大変な目に合わせてしまい、ちょっといい思い出ではなくなってしまったお誕生日。
IMG_2662_20140502003048bf1.jpg
こんないい笑顔で駆け寄ってきてくれる存在、守れるかどうかは飼い主次第、ですもんね

(↑その後の影響もなく、こんなに元気いっぱいです)





反面教師、とも違うかもしれないけれど、こんなことがあったんだー、うちも更に気をつけよう!って思ってくだされば恥を忍んで書いた甲斐があります・・・。


皆さんも、お気をつけて。(ってお前に言われたくないよ!って?)